バリで出会った瞑想マスター〜バリ合宿レポートその2〜

合宿2日目。

あいにくの雨からのスタートでした。

 

迎えにきてくれたドライバーさん曰く、

「今日みたいに降る日は珍しい」。。。

 

マジかーw

逆に引き寄せたかな^^

 

「ウブドで散歩がしたい」

というのが今日の私たちからのオーダー。

 

でも雨だったのでドライバーさんがいろいろおススメスポットを

案内してくれる事になりました^^

 

街のいたるところで仏像や石像が売られています。

バリは街中にお寺があるんですよね、こういうところ日本の神社に似てるなって思います。

 

最初に連れて行ってもらったのは「アシタバ」を使った工芸品のお店。

一つ一つが手作りです。

価格は1000円〜5000円がほとんどでした。

 

アシタバって明日葉って書くんだけど、今日植えたら明日葉が生えるから明日葉。

とっても生命力が強いんですって^^

 

こちらではサンダルとバッグをGET♪

 

そのあとはバリでも有名な生地屋さんへ。

ここでは職人のお姉さんたちが、模様を下書きした布に

一つ一つ熱した鉄のようなもので色をつけていました。

 

もうね、芸術的な手さばきでしたよ♪

 

そのあとは銀製品のお店へ。

店頭ではこれまた女性の職人さんが純銀を使ったアクセサリーを手作りしています。

 

例えばこんな模様のアクセサリーがあるじゃないですか。

私の感覚では鋳型のようなものがあってそれに銀を流して大量に作ってるんだと思ってたんですが

実は全然そうじゃなくて。。。

 

 

こうやって細く加工した銀を少しずつカットして、先端をひねって並べて行くんです。。

 

気の遠くなる作業や!!!笑

 

明日葉細工品といい、布生地といい、銀製品といい、

バリの人は本当に手先が器用だなと感じました。

 

この辺もとっても日本に似てる気がします^^

 

その仕事の素晴らしさに感動してしまい、立ち寄った全てのお店で

漏れなくお買い物をした私ww

 

普段は質素ですが、旅先では浪費家です(爆)

 

 

私が買ったのは、陰陽マークのネックレスw

パワーやばくないですか?ww

実際にカラダにつけた瞬間に、全身のエネルギーが整って行くのを感じました^^

 

仲間からは「このデザインを即決で買う女子。。。w」と笑われましたがねw

実際目にしてから買うと決めるまで3秒くらいww

 

欲しいものは迷わずゲットするのよ、だってそれが「男前女子だから」w

 

そのあとは「ゴアガジャ遺跡」へ

 

この真ん中のおじさま。

中をガイドしてくれる方なのですが、ふらーっと寄ってきて

「良かったら案内するよ」と声をかけてきてくれたんです。

 

ぼったくりか!?と軽く疑いつつ(ごめんw)

1500円くらいだというので、お願いする事に^^

 

まずは背後の洞窟(口の中)に入ります。

 

瞑想の先生が生徒を指導する時に使うという洞窟の中の穴があって

おじさんが「そこに座って」と言うので、座禅組んでみました。

(私の足たくましいな〜汗)

 

自分たちだけではこの場所がどんな場所なのかとか分からなかったから

おじさんにガイドを頼んで良かったなと思ったのです。

 

お次は外に出て、1本の大きな木の下へ。

「ここは瞑想の木と呼ばれていて、みんな昔ここで瞑想したんだよ」とおじさん。

 

説明するとすぐテテテと木の上を渡って

写真のような片足立ちを披露♪

 

この時点で、このおじさんタダモノじゃないなって気付き始めますw

 

みんなもやってみろというので。。。

 

ふううう〜(精神統一)

ぎゃ!!!(一度落下w)

再挑戦!!!おりゃ!!

静止すること3秒w

最終的に瞑想ポーズでごまかして終了ww

 

でも、ここもそんな木だって分からないから、ほんとおじさんにお願いして良かった^^

 

そして敷地内をぐるぐる案内してもらいながら

おじさんは5人の子持ちだということが判明し、

どうも「夜が強い」的な話しで盛り上がるバリ人と日本人ww

 

 

今日の学びその1

下ネタは万国共通ですなw

 

2日目はめちゃくちゃいろいろ行ったので、1記事じゃ盛り込めないでしゅ。。

次へ続く〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瑠女みか(さるめみか):秋田県生まれの東京育ち。実家は教会、父親が牧師という環境に育ち、多くのカップルが「結婚前教育」を受けた上で幸せな結婚生活のスタートを切る現場に立ち会ってきた。結婚、出産、起業という様々なライフイベントを経験し、人が人生の分岐点に立った時、将来を見据えて幸せを感じられる選択ができるよう「ライフデザイン的視点」でライフイベントを捉えられるアドバイスを全国で行っている。(本名は吉村みか)