50代以上の既婚女性が結婚の先生をやるべき理由

結婚教育の専門家、ライフデザインアカデミー代表の佐瑠女です^^

今、アカデミーでは全国で認定講師という「結婚を教える先生」が活躍しているのですが、

50代女性の先生方がとにかく元気!(笑)

 

ちなみに30代、40代、50代と先生達の年齢はいろいろで、

その経験値や家族の形も本当に多種多様です。

 

それぞれがそれぞれの経験値と、結婚教育の本質を元に幸せな結婚につながる

アドバイスをしているわけです。

関西・北陸の先生達

九州の先生達♪

東京の先生達^^

写真に写っていない先生もいるのですが、こんな感じでみなさん本当にパワフルです。

 

50代以上の女性がなぜ結婚の先生に向いているのか?

アカデミーには様々な年齢の先生達がいますが、私の個人的な見解として

結婚教育の講師として一番向いていると感じる年齢は50代より上の世代だなと思います。

 

それはなぜかというと、、、

 1・子育てがすでにひと段落ついていることが多い

もうお子さんは成人しているというケースが多いです。
一人の人を育て上げたという経験は、この仕事においてはかなり強みです。

30.40代では、まだ子育て真っ最中ということもあったり、自分の子供より
上の年齢の子供に関するアドバイスがしづらいということもあります。

現に私も長男は今年17歳ですが、大学受験をしたり通わせたりするのはまだなので
この辺のことを聞かれても的を得たお返事ができない気がします。

 

2・介護が終わっている、または介護を経験している人が多い

結婚生活において、子育ての他に大きくエネルギーを注ぐ事といえば
介護が挙げられるのではないでしょうか。

介護もまた家族の関わりを大きく左右する要因の一つです。
ここを経験しているか、していないかではやはりアドバイスの幅が変わってくるでしょう。

 

3・更年期が終わっている人が多い

ここは特に大きなポイントのように思います。
女性は40代の半ばから50代前半くらいで閉経を迎える人が多いようです。

その前後5年くらいは更年期といって、不調の原因となるような様々な
症状が出る事が多いのだそう。

ですがそれを抜けると、驚くほどパワーがみなぎってくると私の周りの
更年期経験者は口を揃えて言います。

「生理が上がる=女としてワンランク上のステージに上がる」

と表現している人もいるくらい、もやもやイライラしていた時期が
信じられないほど晴れやかになるのだそう。

更年期の不調によって離婚に発展してしまうというケースもあったりするそうで
この辺りを乗り越えた人からのお話は説得力がありますよね^^

 

経験値がもたらす安心感

例えばインドに旅行に行こうと思った時、インドに行ったことない人からのアドバイスと
インドに住んでいる人からのアドバイスではどちらが説得力や安心感があるでしょう?

それはやはりインドという土地に暮らし、その土地を経験している人からの
話なのではないでしょうか。

私たちは自分が知りたいということを「既に知っている」人からの言葉に
安心や信頼を感じるものなのだと思います。

ですから、結婚生活や育児・介護などの経験値があればあるほど
それはこれからそれらを経験していく人たちにとっては「強力な助言」となるのです。

とは言え、経験値だけをベースに話をしていては、個人の価値観が入りすぎて
良いアドバイスができない可能性もあります。

今アカデミーで活躍されている先生方も、「結婚教育の本質」をしっかりと学び、
そしてそこにご自身の経験値を加えることで、人の人生に影響を与えるような
信頼と安心を感じるアドバイスをすることができているのだと思います。

生き方全てを肯定された気分

アカデミーの講師のみなさんには「今まで経験してきたこと全てがキャリアです」
とお伝えしています。

結婚・子育て・離婚・介護・DV・死別・再婚・親を看取る・ステップファミリーなどなど

自分の中では「人に誇れる経験ではない」と思っていることであったとしても
それは他の人にとっては本当に価値のあるキャリアであることが多いからです。

アドバイザー育成の研修を通して、みなさんが口を揃えて
「自分の生きてきた道を全て肯定された気がします」と言ってくださいます。

実際に私たちの生きてきた道は、全てがキャリアであり価値を持つものです。
ライフデザインアカデミーでアドバイザー活動をするということは、自分の人生の
経験値全てを活用して、人を幸せに導くお手伝いをすることと言えるのですね。

子育てを終えて「この先何を生きがいにしていこう」と考えている世代の方に
もてるキャリア全てを使って仕事をして欲しいと思います。

年齢を重ねれば重ねるほど「貢献マインド」が溢れてくるのも事実。

自分のためだけではなく「誰かの役に立つ」「誰かを幸せにする」ということに
価値を感じて、アドバイザーの仕事に飛び込んで来てくださる方も多いです。

今後各地で「アドバイザー説明会」なども開催していきますので
少しでも気になる方はぜひ参加して話を聞いてみてくださいね^^

アカデミーで教えている内容を知りたいという方は、テキストを取得してもらえれば
そこに全て書いてありますので下記をご覧ください♪

出会い・交際・結婚・子育てのツボとコツを実話を通してお伝えします♪
家族を学ぶメールマガジン

;
結婚を教える先生になるためのお勉強
ライフデザイン検定;

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瑠女みか(さるめみか):秋田県生まれの東京育ち。実家は教会、父親が牧師という環境に育ち、多くのカップルが「結婚前教育」を受けた上で幸せな結婚生活のスタートを切る現場に立ち会ってきた。結婚、出産、起業という様々なライフイベントを経験し、人が人生の分岐点に立った時、将来を見据えて幸せを感じられる選択ができるよう「ライフデザイン的視点」でライフイベントを捉えられるアドバイスを全国で行っている。(本名は吉村みか)