海賊とよばれた男とパートナーシップ

こちらの映画を年末年始に2度見てきました。

 

あんまり映画をリピートするってしないんですけど、この映画は特別でした。

 

経営者、起業家は必須で見たほうがいいんじゃないかな♪

とっても熱くなれる素晴らしい作品です^^

 

戦後の日本で、決して未来を諦めずに、社員を家族と呼び

誰一人首にせず守り通した熱い漢の話しなので

経営者の人間力とか、部下との付き合い方とか、いろんなことが

学べたんですが、私が一番感じたのは「パートナーシップ」の在り方。

 

 

一部ネタバレになりますので、知りたくない方はスルーしてね♪

 

 

岡田君演じる国岡鐵造のところに、そろそろ嫁を取らないか

という話しが来て、仕事でお世話になっている恩人に

「夫婦円満の助言をください」とお願いしたとき

恩人の木田さんが言った言葉

 

「旦那の苦労を一緒に背負ってくれる人がきたらめっけもんです」

 

それに対して岡田君が笑顔で反応した時に

 

「でも、それだけじゃいけません。旦那のほうも女房の苦労を

一緒に背負う覚悟がなければ」

 

↑↑↑

 

これがパートナーシップの真理だな〜と思うわけです。

 

婚活の現場では、自分のことを分かって欲しい

自分に良くして欲しい、自分を幸せにして欲しい

 

と願う人がひしめき合っていて、

 

相手の事を分かってあげよう

相手に良くしてあげよう

自分が相手を幸せにしよう

 

こんな風に思える人は本当に少数。

 

ですが、相手の幸せを思える人から先に結婚して行くんですよね。

この時代から、パートナーシップの原理原則は変わらないんだなって

思って嬉しくなりました^^

 

この映画から感じたパートナーシップの在り方は

もう一つあるのですが、それはまた今度♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瑠女みか(さるめみか):秋田県生まれの東京育ち。実家は教会、父親が牧師という環境に育ち、多くのカップルが「結婚前教育」を受けた上で幸せな結婚生活のスタートを切る現場に立ち会ってきた。結婚、出産、起業という様々なライフイベントを経験し、人が人生の分岐点に立った時、将来を見据えて幸せを感じられる選択ができるよう「ライフデザイン的視点」でライフイベントを捉えられるアドバイスを全国で行っている。(本名は吉村みか)